東京グルメ

ミシュラン星獲得の焼き鳥「蘭奢待(らんじゃたい)」|神保町グルメ

友人と神保町グルメ開拓をしよう!と教えてもらったお店。食べログで口コミを見るとこんな口コミが多数。

都内や地方の焼き鳥有名店で蘭奢待の話を良くしますが、どこの大将も「あそこの比内地鶏はすごいよね!」と市場で一番いいものが回ってくるという話をよく聞きます。大将の人脈の広さに驚かされましたw

食べログ口コミより)

焼き鳥店で7店舗しか獲得できなかったと言われた年にミシュラン一つ星を獲得されています。

食べログ口コミより)

味は良いがその扱いの難しさにより、なかなか敬遠されやすい比内地鶏を見事に使いこなす、和田浜氏のセンスと技術

食べログ口コミより)

スポンサーリンク

 

口コミを読んでさらにわくわくしながら来店。店内はL字のカウンターで、12席のみ。テーブル席もありましたが、お客さん用の荷物置きになっていました。

 

▼レバーペースト

前菜はこちら。目の前でバケットを焼いていたので何だろうと思ったらレバーペーストのお供でした。こちらちょっとびっくりしたのが横についているトマト。ヘタを取ろうとしたら、ぐにょっとして「あれヘタじゃない!」。大葉を細かく刻んだものでした。トマトのうすい皮も取られていて、前菜から丁寧さが伺える一皿です。

 

▼むね肉

一串目でやられました。おいしすぎます。シャックシャックとした歯ごたえで、「え、なにこれ。私の知ってる焼き鳥じゃない…(感動)」と大興奮。見てくださいよ、この断面。

火入れが絶妙すぎる。これが比内地鶏なのか…と感激してたんですが、調べてみるとこの比内地鶏って硬くなりやすいんだそう。このおいしさは大将だからつくり出せるものなんですね。

 

▼レバー:胡椒がついた焼き鳥ってはじめてかも

 

▼うずら:黄身は半熟!

 

▼蒸し鶏:プリップリでコラーゲンたっぷり

 

▼せせり:せせりってこんなに脂がのってるんだ!

 

▼むね肉のたたき

お肉が続いていたのであっさりおろしが嬉しい〜。そしてここで再びむね肉。一串目と同じくシャックシャックな歯応え。むね肉ってこんなに美味しかったんだ〜と新たな発見です。

 

▼ぼんじり:コリコリ、ぷりぷり〜〜

 

▼アスパラともも肉

じっくり焼かれてたモモ肉はここで登場!このモモ肉ももちろん美味しかったのですが、サイドのホワイトアスパラに感動してしまいました。ほどよい歯応えに、食べた瞬間溢れる野菜汁(?)。こんなジューシーな野菜ってあるんですか。火入れが絶妙なのは焼き鳥だけでなく、うずらもしかり、野菜もしかり。

 

このあと周囲を見ると、お野菜とつくねが出ておりましたが、お腹いっぱいになってしまってここでストップ。このあとに〆をいただきました。お野菜は長ネギ・椎茸など。つくねにはキミが3つもついていました。しかもただのキミではなく、お腹にある状態のキミだとか。

 

▼〆のラーメン

 

最後まで食べれず残念でしたが、どれも美味しく、特にむね肉のおいしさを知れて大大大満足!!!コースは8,000円のみ。席数も少なめなので早めの予約がおすすめです。

 

蘭奢待焼き鳥 / 神保町駅九段下駅竹橋駅
夜総合点★★★★ 4.3

東京都千代田区神田神保町2-12-3
神保町から徒歩1分
03-3263-0596(予約の電話は11時〜17時)
定休日:日曜・祝日

  • このブログを書いている人

なおみ

27才会社員ブロガー。 大学時代は、薬剤師資格は取るもIT会社でインターン三昧。1年目は営業!という思いから1stキャリアは外資メーカの営業職で、4年目になりました。

-東京グルメ

Copyright© This is Naomi , 2020 All Rights Reserved.