福岡グルメ

お米が美味しい!渡辺通りの「和こじま」で和食を堪能|福岡グルメ

投稿日:

飲食店の多くある渡辺通りから一本入ったところにあるお店「和こじま」。

薬院駅から徒歩10分、西鉄バスFM福岡バス停より徒歩3分のところにある和食屋さんです。

 

母が福岡に遊びに来たので、食材の美味しさが際立つ和食を食べてもらいたく「和こじま」さんにお邪魔しました。

スポンサーリンク

雰囲気のある外観で、凛とした店内。

お席は掘りごたつとカウンター・テーブル席があり、掘りごたつのお席に通していただきました。

掘りごたつは2組の席のみで、今回お隣はいらっしゃらなかったので個室のような空間。

 

それでは一皿目から。

しろさぎの南蛮漬け、ほうれん草のお浸し、なまこ・数の子・からすみ・田作り・伊達巻たまご。

ほうれん草のお浸しをはじめに食べたら、出汁の香りがホワっ。ん〜和食最高!一品一品じっくり味わいながらいただきます。

なまこは、一回焼いてるそう。「焼くと柔らかくなるんですよ、みなさんあんまりされないけど。」と、食べてみるとほんと柔らかい。なまこって言われなきゃ分からないくらい。美味しい。

カラスミはねっとり濃厚でくさみはなし。お酒が進みます。

 

お次はお椀、かぶのすり流し

蓋を開けてびっくり。「すり流し」が何か分からず、お吸い物を想像していたら真っ白スープ。

想像とのギャップが楽しいですね。

すり流しってかぶをすって、生クリームなどと混ぜてるものだそう。

クリーミー。中のブリも美味しい。

 

お次はお造りです。

奥からやひろ、たこ。右側はみずいか、本マグロ。それからサザエ。

やひろ?と聞くとスズキの友だちだそう。キレイな身で歯ごたえもあって、美味しい。白身の魚のこの歯ごたえ、博多らしいお刺身。大好き!

 

白菜の海鮮煮

って肝心の白菜が写ってないw

お野菜は歯ごたえが残っていて、一口一口が楽しめる。写ってない白菜は出汁をこれでもかってくらい吸ってて、口に入れるとジュワ〜って出てくるんです。

 

お肉とお魚

左から甘鯛の西京焼き、菜の花とスモークサーモン、穴子のごぼう巻き、ローストビーフ

甘鯛はねっとり濃厚。穴子は香ばしくて、ごぼうは柔らかくて美味しい。

 

天ぷら

枯山水を見立てたお塩と、天ぷらは3品。タラの芽をいとよりで巻いたもの、かぶ、しいたけ。

いとよりとフワフワと、タラの芽の歯ごたえが楽しい。カブはトロトロで甘い!

この天ぷらと同時に出てくるのが土鍋のご飯です。待ってました。

写真じゃ伝わらない、ツヤツヤなお米。一粒一粒が立っています。

特製明太ラー油がご飯のお供に付いてきます。

この明太ラー油も美味しいんです。

明太ラー油だけを買うこともできるので、母はお土産と自宅用に3瓶購入していました。

見た目は辛子明太子をほぐしたものに、他のものも入ってるかなー?という感じ。

食べてみるとびっくり。いろんな味がするんです。しいたけ、ちりめん、ごま…など。

原材料名を見ると、なたね油、玉ねぎ、ごま油、辛子明太子。さらにしいたけ、生姜、ちりめん、ごま、鶏がらスープと続いていて納得。口の中でいろんな旨味が一気に広がります。

ご飯自体も美味しいのに加え、明太ラー油も美味しいので、ご飯もあっという間に食べ切っちゃいました。

 

食後のデザートは黒大豆のきな粉ムース

もっちりムースで濃厚なのに、お口がさっぱり。最後まで美味しい。

 

器やインテリアの隅々までこだわりを感じる空間で、季節を感じる素敵なお食事。

特に有田焼の器に関して、大将が熱くお話してくださいました。器を買うときは気づくと100万円を超えたりしちゃうから大変だって。(笑)そこから減らすみたいですが。

お陰さまで見て美味しい、食べて美味しい和食を堪能できました。ごちそうさまです。

 

和 こじま割烹・小料理 / 渡辺通駅薬院駅西鉄平尾駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

和こじま
福岡県福岡市中央区高砂1-11-8 今西ビル 1F
092-525-0520
11:00~13:30、17:30~23:00
定休日:日曜、祝日
※お食事はコースのみで、前日までの予約が必要。

4,000円、5,000円、8,000円、10,000円、12,000円のコースがあり、今回は8,000円のコースです。

  • このブログを書いている人

なおみ

27才会社員ブロガー。 優良企業ではたらきつつ、フリーランスへあこがれています。平日の日中は外資系企業のセールウーマン

-福岡グルメ

Copyright© This is Naomi , 2018 All Rights Reserved.