福岡グルメ

fanfare(ファンファーレ)で休日イタリアンランチ|福岡グルメ

更新日:

美味しいご飯が食べたければ、グルメ家におすすめを聞くのが一番!グルメな方が「最近気になるお店があるんです…」と言っていた、福岡の赤坂にあるfanfare(ファンファーレ)に行ってきました。

場所は西鉄赤坂駅から徒歩3分。5番出口を出てすぐのところです。

何度かディナーで予約を取ろうとして、取れなかったのでランチも予約……しておくはずが、忘れてしまったのでOpen11:30のちょっと過ぎに訪問。

なんとか入れました。オープンキッチンの広々とした店内で、カウンターとテーブル席があります。

同じ赤坂にあるNAKALABOさんに近い雰囲気です。

参考:新感覚フレンチ『NAKALABO』の目と舌で味わうフルコース@赤坂|福岡グルメ

スポンサーリンク

 

ランチメニューは3コースから選ぶ形です。

A.パスタのみ 1,200円

B.お肉orお魚 2,000円

C.お肉とお魚 3,000円

休日ランチを満喫できて、ボリュームもちょうどよさそうなBをオーダーしました。

 

パスタはこちらの3種類から選べます。

それぞれのパスタを持ってきて説明してくれます。パスタの名前って覚えられないから嬉しいですよね。

一番下のマルタリアーティは手前のオレンジ色ぽいパスタ。こちらは手打ちなので+200円とのこと。

パスタはマルタリアーティを選びました。

 

11:30からのランチでもちろん朝ごはんを食べずに行ったので、お腹ペコペコ。早く来ないかな〜と待っていると、目の前で一皿目が作られていきます。作っているときからワクワクできるのが、カウンターキッチンの楽しいところですよね。

 

一皿目は、タコと紫じゃがいものサラダ

紫じゃがいものペーストの上に、カットした紫じゃがいも、タコ、トマト。上にはスライスしたオニオン。

歯ごたえのあるタコ、あま〜いトマトが美味しい。トマトはドライトマトを戻したやつかな?塩っ気とのバランスがちょうどいい。

 

お次はパスタ。マルタリアーティ ミートソースとトレビスのロースト 温かいブッラータ

 

お皿の底にブッラータ(チーズ)が敷いてあり、それをよーく混ぜていただきます。トレビス(レッドレタス)の苦味と、ブッラータのクリーミーさ、濃厚なミートソースがよく合うパスタ。マルタリアーティにもよく絡みます。

 

メニュー名がちんぷんかんぷんだったので、食べた後に単語を調べてみたので、メモで残しておきますw

Memo

マルタリアーティは、生地を薄くのばして不揃いの四角形などに切ったもの。

Maltagliati = male(悪く) + tagliati(切られた)

「うまく切られていない」の意味で、タリアテッレ(フェットチーネ)を切って余った生地から作られることからそう言われるそうです。

トレビスは、レッドレタスとも呼ばれるもの。

ブッラータは、「バターの様な」という意味を持つフレッシュチーズ。

メインのお魚は、的鯛のフリット ブロッコリーと白インゲン豆

白インゲン豆のピューレの上にブロッコリー、的鯛のフリットがのっています。

鯛が美味しい。身がほっくほく、ふわふわ、かつぷりぷり。薄いけどしっかりとついている衣もまた美味しい。フリット自体に味がついていて、お酒が飲みたくなる〜〜。

 

食後のデザートは、お米とみかんのタルト ビーツとフランボワーズのソース

ビーツとフランボワーズのピューレの上にクランブル。その上に本当にお米を使っている、もちもちのもの。その上にクリームとみかん。

お米をつかったもちもちのやつを何て説明したらいいのか分からない…でも本当にお米が入ってて、もちもちクリーミー。不思議で美味しいデザート。

 

 

お腹いっぱい、大満足!

味つけがしっかりめなので、お酒が飲みたくなっちゃうランチ。今回はランチ後に用事があったので飲めませんでしたが、次回は飲めるときに来たいです(^^)

12:00過ぎに予約なしで来たお客さんは、入れずに帰られてたので、ランチでも予約は必須かも。ちなみにランチ予約時はB or Cコースの注文となるそうです。

 

Ristorante fanfare
福岡県福岡市中央区大名2-10-39 サンマリノビル2F
050-5593-9013
11:30~14:30、18:00~22:00
(Bar 21:00~24:00)
不定休

  • このブログを書いている人

なおみ

27才会社員ブロガー。 優良企業ではたらきつつ、フリーランスへあこがれています。平日の日中は外資系企業のセールウーマン

-福岡グルメ

Copyright© This is Naomi , 2018 All Rights Reserved.