バリ島

1日車チャーターでウブドエリアをお得に満喫|バリ島旅行記

投稿日:

3泊5日バリ島旅行で、1日はウブドエリアの観光へ。車をチャーターして、行きたい場所を日本語ガイドさんに案内してもらいました。

そんなウブド観光の様子をお届けします!

スポンサーリンク

 

▼目次

  1. 現地旅行会社への車チャーターはとにかく安い!
  2. 車チャター前に伝えたこと
  3. まずはティルタ・エンプル寺院からスタート
  4. キンタマーニ高原で昼食タイム
  5. ウブド・テガラランで世界遺産の棚田(ライステラス)を
  6. ウブドのショッピングストリートへ
  7. ウブドの自然を感じながら90分マッサージ
  8. タナ・ロット寺院でサンセット
  9. タナ・ロット寺院近くで本日2回目のショッピング
  10. 夜ご飯はWarung BAMBOOで

 

現地旅行会社への車チャーターはとにかく安い!

ウブドエリア満喫の様子をお伝えする前に、、この1日を最高にしてくれた車チャーターの話から。

結論からいうと、車チャーターは現地の旅行会社が一番お得。そして今回お願いしたDEKADIというところがめちゃくちゃ当たりでした!

(車チャーターの話はとりあえずいいやって方はまずはティルタ・エンプル寺院からスタートから読んでください^^)

 

今回航空券とホテルをとったSTWでも、JTBでも、12時間車をチャターすると1.5万円はします。

STWオプショナルツアー一覧より)

 

それが現地旅行会社だと半額の7500円。キャンペーン期間でなくても8,000円です。

DEKADI「お得な車チャター」より)

安い、そして対応もめちゃくちゃよかった。ので、全力でおすすめします!

 

私も今回利用しましたが、普通のオプショナルツアーは高い。

もちろんモノによりますが、ウルワツ寺院へ行った5時間のオプショナルツアーは$50/1人。夕食代混みではありますが、割高感がありますね。

 

車チャターでは行きたい場所を言えば、お願いした時間に合わせて他の観光スポットも入れつつ、ご飯も食べつつ案内をしてくれます。だったらわざわざツアーにする必要もないんじゃないかと思ってしまいます…。

あえて車チャーターのデメリットを言うなら、駐車場代や高速代、寺院などの入場料、食事代は自分で支払います。だから7,500円と言っても、プラスでお金は必要。まぁ駐車場代・高速代・寺院入場料は数百円。食事も3,000円/人とかです。

 

車チャター前に伝えたこと

実際車をチャターする前に伝えたことはこんな感じ。

  • ティルタ・エンプル寺院
  • ウブド テガラランの棚田
  • ウブドでショッピングしたい
  • マッサージも行きたい
  • プリルキサン美術館
  • タナ・ロット寺院でサンセット
  • あんまり位置関係把握せずに言っています…

ざっくりとした要望は予約の段階でメールで伝えて、当日の朝簡単に1日の流れを相談しました。

そこでティルタ・エンプル行くならキンタマーニ高原を見ながらの昼食にしよう、と提案してもらって、観光スポットが一つ追加。ただ残念ながらのんびり買い物・マッサージを堪能しすぎて美術館は行けずでした。(笑)

なので、どうしても外したくないスポットがあればそれは伝えておいた方がいいかと思います。

▼実際に回ったのはこんな感じです。

 

まずはティルタ・エンプル寺院からスタート

ウブドエリアにある由緒正しき寺院。

「ティルタ=水」「エンプル=聖なる」という意味で、「聖なる泉が沸く寺院」と言われています。この湧き出た泉で沐浴をすることで有名です。

入場料は、大人15,000ルピア(約120円)、子ども7,500ルピア(60円)です。短パンや短いスカートの人は、サロン着用が義務付けられており、入場の際に無料でサロンを渡されます。

中に入ると、いろんなところに門があります。入り口はこんな感じの門で、二つに分かれています。

これはね、この門をくぐる時に「心を開きなさい」という意味なんだって。祈る前にまず心を開く、その準備をしながら門をくぐれるように開いた形になっているそう。

中に入っていくと、沐浴をする場所があります。

もともとは泉の出ている場所それぞれに意味があるんだって。ここの泉で清めれば耳がよくなる、ここは足がよくなる、みたいに。でも今はみんなが一つ一つの泉で清めるようになってるそう。

多くの観光客が水着を着て、サロンを巻いて沐浴をしていました。「聖なる泉が沸く寺院」といわれるだけあって、水は透明度が高くかなり綺麗でした。

 

実際に泉が沸いている様子も見ることができます。

分かりますか?

写真だと伝わりづらいのが悔しい…水もクリアで幻想的な空間でした。

 

出口の門は入り口とは違い、閉じています。

腰に巻いているのが入り口で渡されたサロン。この門をくぐると出口でした。

 

出口を出たところにはたくさんお店が並んでいて「100円、100円〜」と声をかけられます。

でも円はダメだから10万ルピア(800円)とか言われるんだって。(笑)10倍近く値段あげてくるw

ガイドさんから「観光客は騙されやすいから気をつけてね」と教えてもらいました。

 

さてさて、パワースポットのティルタ・エンプル寺院でエネルギーをもらったあとは昼食です。

スポンサーリンク

 

キンタマーニ高原で昼食タイム

独特な名前で有名なキンタマーニ高原。これまた写真じゃ伝わらない広大さ。車で向かう途中から、一面に広がる高原に圧倒されていました。

「すごい」しか言葉が出なくて、美しい自然を目の前にすると今までためてきたボキャブラリーがいかに無力なのか思い知ったわけです。何が言いたいかって本当にすごい!

ちなみにこのキンタマーニ高原の中心にはバトゥール火山があり、噴火あとの溶岩(黒い部分)を見ることができます。

バトゥール火山の横にある湖は、バトゥール湖でカルデラが湖になったもの。この緑と青が一面に広がる姿は圧巻としか言いようがありません。

 

お昼は、上のようなパラノマを楽しむことができるGRAND PUNCAK SARI RESTAURANTというお店。

いくつかお店はありましたが、ほとんどの観光客がここで昼食をとっていました。パラノマでキンタマーニキ高原を楽しめるのはここが一番。

自然のパワーを感じながらインドネシア料理をいただきます。

ご飯はビュッフェスタイルで、ナジゴレン・ミーゴレン・ガドガドなどがありました。

(バリならではの食事に関してはBALI NAVIのバリで味わう♪バリ島グルメ10の心得という記事を参考にすると分かりやすかったです。)

 

ビュッフェとドリンクで75万ルピア(約5600円)。

TAX21%が高いですね。バリでは税金とサービス料がプラスでかかるので、聞いていた額よりも支払いの時は高くなります。ただこの景色に21%なら安いのかもしれません。

 

ウブド・テガラランで世界遺産の棚田(ライステラス)を

バリ島の2大棚田がジャティルイテガララン。そのうち今回訪れたのはテガララン。

きれいなカーブを描きながら何層にも重なる棚田。棚田の中には大きなブランコがあったりで、中に入るのも楽しそうでした。

ただ時間の関係もあるので、今回は見て楽しんで次のお買い物スポットへ。

 

ウブドのショッピングストリートへ

ショッピングを楽しむためにやってきたのは、ハノマン通り。

ウブドの3大ショッピングストリート、ヤ・ウブド通りモンキー・フォレスト通りハノマン通りの一つです。

こんな感じでぐるっと一周できるので、時間があれば全部回るのもいいですね。このエリアにはセンスのいいお店がたくさん。

外国人がやっているお店も多く、清潔感がありきれいです。その代わり、値段もそこそこするので「安く買いたい」というよりも、「おしゃれなものが欲しい」人にぴったりなエリア。質もいいので、お土産選びにも◎

私もここで妹へのお土産に布のバッグと、自分用にバリっぽいサンダルを購入。

でもこのサンダル、鼻緒が当たって痛くてはき心地は微妙でした。ラフな感じがかわいくて、ちょっと履いただけで買ったせいですねw

スポンサーリンク

 

ウブドの自然を感じながら90分マッサージ

買い物の後は、ウブドの自然を感じながらマッサージ。

マッサージは温かい石を使ったストーンマッサージ。写真は撮れなかったんですが、こんなやつです。

すごい上手なセラピストさんに当たって、ほんとーーーに気持ちよかった。90分で30$くらいでした。

 

タナ・ロット寺院でサンセット

マッサージで癒された後はタナロット寺院へ。

タナロット寺院は、特にインドネシア国内からの旅行客は絶対に訪れる場所で、ヒンドゥー教の寺院です。

 

寺院は満潮時には海に浮かぶような姿になります。

今回訪れた時は引き潮でしたが…。満潮だとまた違った景色を楽しむことができそうです。

 

ここではちょうど水平線に太陽が沈む瞬間に到着し、サンセットを楽しむことができました。

そして…陽が沈むとすごい勢いでコウモリが出てきました。

ほんとすごい量で、さっきまで夕陽を撮っていたのに、うっかりコウモリの写真を撮っちゃいましたw

スポンサーリンク

 

タナ・ロット寺院近くで本日2回目のショッピング

サンセットの後は、近くのAgung Baliというお土産屋さんへ。

ここではほーんとに色んなお土産が買えます。

お菓子、小物、Tシャツなど、一通りのお土産があります。

こんなTシャツも。

ギャルソン風…(笑)かわいいw

すでにスーパーマーケットなどでお土産は買っていましたが、ここでもバリのチョコやジャコウ猫コーヒーを追加で購入。

 

夜ご飯はWarung BAMBOOで

ウブドエリアを満喫して、最後に晩ご飯!ポークリブのフルサイズをいただきました。

甘辛くて日本人好みの味付け。これが一番バリで好きな食べ物でした。これとクリスピー・ダックを半分こして食べて、2人で約4,500円。

 

お腹もいっぱいになり、ホテルに戻って一日が終了。

ティルタ・エンプル寺院にはじまり、キンタマーニ高原、テガラランの棚田、タナ・ロット寺院、ショッピングにマッサージと、ウブドエリアを満喫した一日でした^^

  • このブログを書いている人

なおみ

27才会社員ブロガー。 優良企業ではたらきつつ、フリーランスへあこがれています。平日の日中は外資系企業のセールウーマン

-バリ島

Copyright© This is Naomi , 2018 All Rights Reserved.