東京グルメ

「神保町ブックセンター」でゆったりおやつタイムを

更新日:

本の町、神保町。

あたりを見渡すと古本屋がたくさん。なかなか渋い町です。

 

そんな神保町には古本屋だけでなく、おしゃれなブックカフェも点在しています。

しかも意外とドリンクやフードの値段がリーズナブルで、かつほどよい混み具合なので使いやすいお店ばかり。

スポンサーリンク

 

今回はそんな中でもお気に入りのブックカフェ「神保町ブックセンター」をご紹介します。

岩波書店の本のみを扱うという神保町ブックセンター。神保町駅A6出口から徒歩1分のところにあります。

 

わたしがこのお店が好きな理由は、

  • 雰囲気がいい
  • 席の間隔も広い
  • トイレもきれい
  • 飲食のお値段がお手頃
  • しかも美味しい

 

ということで、雰囲気くらいしかブックカフェのよさを味わえていないんですが、そこはご愛敬で…。

 

結局食べることが好きなんです。ちなみにメニューはこんな感じ。岩波なメニューです。

ドリンクのメニューはこんな感じ。

500円前後でさまざまなドリンクを楽しめます。喫茶店みたいなメニューです。

 

▼自家製レモンスカッシュ(480円)

あるとき「自家製」という言葉に惹かれて頼んだのがこちら。甘すぎないレモンスカッシュ、美味。さくらんぼも入っていてなんだか得した気分。

 

▼フルーツサンド+コーヒー/紅茶(1,000円)

またあるときは、他の人のオーダーを見て頼みたくなってしまったフルーツサンド。生クリームたっぷりでボリュームがすごい!

スタバでフードとドリンクを頼んで1,000円くらいかかるのを考えると、これはかなりリーズナブル。

 

窓際のカウンター席にはコンセントもありますし、ソファ席もあったりで使い勝手がよいお店。

 

ぷらっと本を見にくるのも楽しいお店ですが、ぜひ一度ドリンク・フードメニューも楽しんでみてください。

 

東京都千代田区神田神保町2-3-1 岩波書店アネックス 1F
神保町駅から徒歩1分
03-6268-9064(予約不可)
[月~金] 9:00~20:00
[土・日・祝] 10:00~19:00
不定休

  • このブログを書いている人

なおみ

27才会社員ブロガー。 大学時代は、薬剤師資格は取るもIT会社でインターン三昧。1年目は営業!という思いから1stキャリアは外資メーカの営業職で、4年目になりました。

-東京グルメ

Copyright© This is Naomi , 2019 All Rights Reserved.