日常

「場を盛り上げるおじさん」を観察してみた

投稿日:

はじめての人とも話が盛り上がる人、多人数の場でもみんなを楽しませられる人、1回会っただけなのに次話しかけやすい人っていますよね。

 

私はこういうが苦手なので、すごいなぁ〜って思うんですよね。

 

会社にもこういう人がいます。いわゆる「場を盛り上げるおじさん」。このおじさんを観察してみたので、こちらに報告したいと思います。

よろしくご査収ください。

スポンサーリンク

 

「場を盛り上げるおじさん」の9つのテクニック

  1. 笑顔
  2. 人が話した内容を覚えている
  3. 話しやすい話題を振ってくれる
  4. 自分の話も程よくする
  5. ちょいちょい自慢もする
  6. 真面目な話もする
  7. いい話のあとにはオチをつくる
  8. 共通の話題を提供する
  9. 一部の人にしかわからない話には解説をする

 

1.  笑顔

終始にこにこ。

もちろん真顔になるときもあるんだろうけど、誰かが話してるときはにこにこしてるから、笑ってる印象しか残ってない。

 

2. 人が話した内容を覚えている

「あのとき〜〜って言ってたよね」って、さらっと2年前の話をしてきます。むしろ話したことさえ忘れてた…。記憶力がすごい。というか、それだけ相手に興味を持っているんですよね。

 

3. 話しやすい話題を振ってくれる

その人が何が好きで、どんなことを話すのか分かったうえで話を振る。好きな内容について話すので、話す人は楽しいし、聞く方も面白い話が聞けるので楽しい。その話題を見つけるのがうまい。

人が話した話題を覚えてるからこそでもありますよね。

 

4. 自分の話も程よくする

人に話を振ってばかりではなく、自分も話す。けど話しすぎたりはしない。

ある程度自分のことも話すから、その人のことも知れてより存在が近くもなります。

 

5. ちょいちょい自慢話もする

ただ話を上手に回していい人でいるんじゃなくて、わざとらしく自慢話もする。

思わず突っ込ませて、それによって笑いが起きるし、突っ込んだ分距離も縮まる。

 

6. 真面目な話もする

ただばか話をしたり、遊びの話に終始するだけじゃなくて、真面目な話もする。深い話もできるので、楽しくて勉強にもなる。深い話をしたから、相手の新たな一面も知れたりする。

 

7. いい話のあとにはオチをつくる

だからと言っていい話で終わるんじゃなくて、オチをつくる。だからただ真面目で終わるんじゃなくて、楽しいに戻る。このバランスがうまいんですよね〜〜。

 

8. 共通の話題を提供する

共通の話題を引き出すのもうまい。家族ネタ、旅行の話など多くの人が当てはまる共通の話題。その場にいる人だから共通する話題を見つけてくる。

 

9. 一部の人にしかわからない話には解説をする

ただそれでも、一部の人にしかわからない話題も出てきますよね。そういうときに、他の人もわかるようにさりげなく解説をする。ごりごりに解説するんじゃなくてさりげなく、ね。

 

おわりに

以上9つが「場を盛り上げるおじさん」の特徴でした。

おじさん、やりよる〜〜

 

こういう盛り上げおじさんがいないときは、おじさんテクを試してみよーーーっと。

  • このブログを書いている人

なおみ

27才会社員ブロガー。 優良企業ではたらきつつ、フリーランスへあこがれています。平日の日中は外資系企業のセールウーマン

-日常

Copyright© This is Naomi , 2018 All Rights Reserved.