ホットヨガの3つのメリットと2つのデメリット。私のオススメは常温ヨガ

2017.08.12体験

ヨガをはじめて4,5年が経ったかな。1ヶ月ほど前からは、大手ホットヨガスタジオLAVAへ通い始めました。ホットヨガのよさは分からないまま、安さを理由に入会。まだ1ヶ月じゃ分かっていないことも多いとは思いますが、ホットヨガのメリット・デメリットを書いてみます。

 

ホットヨガのメリット①:とにかく汗をかく!

ホットヨガは室温39℃前後、湿度60%前後の空間で行います。なのですごーく汗をかく。だからデトックスしてる感は強いです。だから肌が綺麗になったとかの自覚は残念ながらありません…ただこれだけかくと純粋に気持ちいい。

 

汗をたくさんかくので、水もたくだん飲みます。だからなんですかね、トイレの回数も増えるような。体の水分が交換されるような感覚です。

 

注意点:

汗をたーくさんかくので、しっかり水分を取らないとフラフラしてしまいます。いつもよりハードな環境なので体調管理にはいつもより気を遣う必要ありですね。

 

ホットヨガのメリット②:体が柔らかくなる

普段より暖かい場所で行うので、普段より筋肉が柔らかくなることで、体が柔らかくなったように感じます。なので動きやすく、ポーズも取りやすく。

 

体の硬さは筋肉が硬いことに加え、骨格の歪みなどによってもおきます。なので筋肉が柔らかくなることで、骨格の歪みも整いやすくなるかと思います。

 

注意点:

体が柔らかくなったように感じるだけで、実際には急に柔らかくなったりはしないので、無理は禁物です。筋を痛めかねません…。

 

ホットヨガのメリット③:自分の体型と向き合える

これは私の一押しポイント!ホットヨガは女性だけのところも多いし、汗もすごーくかくのもあって、とにかく薄着!私のホットヨガスタイルは、スパッツ+ブラトップ。この格好だと体型を意識せざるをえません。「なんだこのお肉は?」と見たくないものも見えちゃう。

 

なかなか普通のヨガではぴったりしすぎた格好ができなかったり、そんなに露出も多くできないような私みたいな方にはおすすめです!

 

ホットヨガのデメリット①:交感神経のみが優位

交感神経・副交感神経のバランスはすごく大事。でもホットヨガのようなハードな環境では、交感神経が優位になりっぱなし。なので副交感神経が優位になりにくい=リラックスしにくい。これがデメリット。

 

私にとってはとても大きなデメリット。

なぜかというと、(常温)ヨガをした時の頭のすっきり感が好きだから。言葉にするのは難しいのですが、いいヨガができたな〜というときは、あたまが空っぽになって、自然と全てに感謝を感じられて、穏やかな気持ちになれるんです。でもそれがホットヨガでは感じられないんです。それは副交感神経が優勢になれないから。リラックスできないからだと思うんです。だから最後のシャバーサナをしても、“なんとなく”しかリラックスできない。

 

これが私にとっての一番のデメリット。

 

ホットヨガのデメリット②:インストラクターが若い方ばかり

ホットヨガのインストラクターは若い方ばかり。私は年が近いので親近感はわきます。ただ、年を重ねた人にしか教えられないこともありますよね。

 

若いからというのでなく、バランスの問題で、若い方“だけ”というのがデメリットに感じることもあるかな、という意味です。

 

まとめ

私がヨガに求めるのは、『あたまが空っぽになって、自然と全てに感謝を感じられて、穏やかな気持ちになれる』こと。だから常温ヨガが好きだし、ヨガをする人には常温ヨガをオススメします。ただ、LAVAは安い!ので、とりあえず体を動かしたい人にはいいのかもしれません。私も7ヶ月は継続の契約なので、そこまでは続けてみようと思っています。(今のところは)もしかしたら、もう少し続けるとヨガの印象が変わるかもしれませんね。