残業は【暇つぶし】だったんだ、って気付いちゃった話

2017.10.25サラリーマン

みんな遅くまで仕事したり、家に仕事を持ち帰ったりしてるよね。

かくいう私も、2時まで会社に残ったときもあったし、家で仕事していて気付いたら3時とかもあって。

 

でも、趣味にちゃーんと時間を割けている人もたくさんいるわけで。

私もブログ書くぞって思ったら、2時3時まで仕事することは、なくなりました。

 

残業している人にも理由はたくさんあると思うんです。

でもその中の半分くらいは、私と一緒で暇つぶしのために残業してるだけじゃない?

なんで残業をしていたのか?

それだけしなきゃないけないことがあるから、能力が低いから時間でカバーするしかないんだって思っていました。でもそんなのウソ。

本当は、必要もないものにクオリティーを求めていたから。

だから、たくさんの時間を割かないと仕事が終わらなかった。

 

じゃあ、なんで必要のないものにクオリティーを求めちゃっていたのか?というか、なんで必要のないものにクオリティーを求めていたことに気付けたのか?

それは「ブログ書くぞ」って思ったから。やりたいことができたから。

 

つまり、今までは時間があったから、余計なことをしちゃってた。

時間があるからするって、ただの暇つぶしじゃん!

 

プライベートが充実している人

プライベートが充実している人って、メリハリがはっきりしている。

 

「土日は絶対仕事しない」とか、「1日8時間以上は働きません」とか、「水曜は絶対定時で帰ります」とか。

かっこいいですよね。

 

ちなみに私は土日に仕事はしません。当たり前なんだろうけど、当たり前じゃないこと。

土日は仕事しないから、PC開かないし、社用の携帯も見ない。

土日に仕事しないと終わらないなら、平日の業務時間内にサボってた証だと思うし、そうじゃないなら仕事を抱えすぎなんだって思う。(だいたい前者。)

 

先に時間の枠が決まっているから、その枠の中でなんとかしようとする。

そうすれば残業時間も減るし、仕事の効率が上がっていく。

だからプライベートが充実している人は、仕事もできる。

だって暇つぶしで仕事をしているわけじゃないから。ちゃんと成果を上げるための仕事をしているから

残業ばっかりしている人

真面目なんだけど、他にやることがない人。

 

サラリーマンとして、一つの仕事に打ち込めるのはいいことなのかもしれないけど、そんな働き方だと頭打ちが絶対に来る。

1日が24時間っていうのは、変えようのないことだから、時間で解決できることには限りがある。

だったら、自分の能力を上げるために時間を使ったほうがいいと思うし、もっと他に楽しいことを見つけたほうが人生が豊かになるんじゃないかな。

 

時間があるから、プラスαで仕事するのもいいけど、それって暇つぶしになってない?

ってことで、みんな残業する暇ないくらい楽しいことしようよ!って想いを込めて記事を書いてみました。