サラリーマンが最高な理由を4つあげてみた

2017.10.25サラリーマン

「サラリーマンってつまらない」

以前までそう思っていました。みんな、言われたことを言われたようにやる。会社という守られた箱の中で、指揮する人を見て動く。つまんなーって。

 

今は、この考えは本当に傲慢だったなって思います。恥ずかしい。(笑)

何もできないのに、何言ってるの?ってね。

 

フリーランスや自分で事業してる人はかっこいいです。すごいと思うし、私もそうなりたい。でも、「サラリーマン最高」って思うことはたくさんあって。そんなサラリーマン最高ってなる理由を4つにまとめてみました。

生きることを保証してくれる給与

一番はこれ。どんなに仕事ができなくても、お給料をいただける。普通ありえないことだよね。

大学新入社員の全業界の平均値で考えると、月収が19万。何もできない新入社員でも19万円もらえる。すごすぎる。

 

もし、自分で事業をしていたらお客さんがいなければ収入は0。でも会社勤めで、例えば営業で、契約が一つも取れなくても月19万円もらえる。

私の会社は外資系で、ボーナスが0円になることはあるけど、月の収入は保証されています。仕事ができなくても、何かチャレンジして失敗しても、お金が入ってくる。これってすごく幸せなことだし、安心して生活もできる。サラリーマン最高。

 

できないことにチャレンジさせてもらえる

仕事をしていると初めてのことって必ず出てくる。それにチャレンジさせてもらえる。

例えばね、フリーランスだったら、個人事業主だったら、お客さんはその人が“できること”を仕事として頼む。10くらいできる人に、20のことはお願いしない。20したければ、20できる人にお願いする。つまり、できるようになってから、やらせてもらえる。

でも、会社は10しかできなくても、20をやらせてくれる。できないことをやらせて、できるようにさせる。成長の機会をくれる。

 

しかもある程度ノウハウが溜まっていることが多いので、サポートがもらえる。もちろん、サポートは自動についてくるものではないから、サポートしてもらえるよう工夫はしなくちゃいけないけど。サラリーマン最高。

社会的信用が得られやすい

単純だけど、会社の名前で信用してもらえるというのは一つメリット。会社のネームバリューという部分もそうだけど、“ちゃんと社会人として働いている”というだけでも信頼してもらえることもある。お金を貸してもらうときもそうだよね。

 

会社の大きさだったり、有名かどうかも大きいかもしれないけど、「○○会社の××です。」って言えるのはメリットになることが多いんじゃないかな。フリーランス、個人事業主は「かっこいい」って思う人が多いかもしれないけど、「大丈夫かな?」って思われても仕方ない部分はあると思う。だから、無条件で多少の安心感を与えられるサラリーマンって最高。

 

活用できる制度がたくさんある

これは会社による部分が大きいと思いますが、私が最近最高だと思った制度は、

振替休日:土日出勤した分、平日休める

研修:どこでも使えるビジネススキルを仕事の一環として学べる

出張:会社のお金でいつもと違う場所に行ける

有給休暇:休んでもお金はもらえる

サラリーマン最高。

 

たしかにサラリーマンだからこそのデメリットはあります。社内政治はめんどくさいし、全国転勤があれば住む場所を自分で選択できない。でも、メリットがたくさんあるのも事実。せっかくサラリーマンになれたんだから、このメリットを享受しないともったいない。

ということで、サラリーマン頑張ろうと思います。

平日の勤務時間はしっかりサラリーマンして、平日の夜や土日を趣味に使ったり、他のスキルを磨いたり、副業とかできたらいいよね。