ユングのタイプ論『MBTI』で自分を知り、人の多様性を見つめる

MBTI

(引用:MBM

自分が何者で、目の前にいる人はどんな人なのか?どうして私の当たり前が、他の人にとっては変わった考え方に見えるのか?目の前の人はどうしてそんな考え方をするのか?

それに対する一つのモノサシがMBTIです。

MBTIの概要

MBTI(MyersBriggs Type Indicator)はユングのタイプ論をもとにして、米国人の親子、キャサリン・ブリッグス(K.Briggs)とイザベル・マイヤーズ(I.Myers)によって開発された性格検査です。

 

性格検査といっても性格診断を目的とするものではなく、自分の心の動きを理解したり、人の心の動きを理解するために行われるものです。

 

MBTIでは16のタイプから個人のタイプを考えます。タイプの構成としては、4つの指標がそれぞれどちらに向きやすいかで分類をします。なので、2の4乗で16タイプあるというわけです。

 

指標は以下の4つです。

エネルギーの方向(E.外向/I.内向)

ものの見方 (S.感覚/N.直観)

判断の仕方 (T.思考/F.感情)

外界への接し方(J.判断的態度/P.知覚的態度)

(引用:ATOP CAREER

生まれ持って左右の利き手があるように、この4つの指標にも利き手があると考えます。元々の利き手を見るものなので、変わることはありません。

 

ここがMBTIの難しさで、元々の利き手はあるのに、これまでの環境でこの利き手がマスクされていることが多いのです。それに「こうありたい」という気持ちも入ってしまったり。

 

MBTIの診断はネット上で簡単にすることができますが、本当に自分が生まれ持つタイプがどれなのかを知ることは難しい。自分自信にどれだけ向き合えているかで、正確性も違ってくる。だから本当にMBTIを学ぶにはトレーニングが必要なのです。でも実際のセミナー開催が少ない…。ということで私は本で勉強しています。これが面白い。

MBTIを受けてみよう!

公式ページでは、認定ユーザからパスワードを教えてもらわないとできません。非公式ではありますが、16Personalities無料性格診断でも暫定的にタイプ診断をすることができます。

 

結果が丁寧に書かれていて面白かったです。タイプの概要ページはこんな感じ。

(引用:16Personalities

MBTIを受けると、自分の考え方や感じ方を“そういうものなんだ”って思える。他の人の分類を見ると、“あぁ〜だからなんだ”って納得出来る、相手をより知れた気がしてくる。

 

楽しいね。もっと勉強してみよう〜〜〜