水炊き懐石「旧かつえ」のよさを本気で伝えたい|福岡お気に入りのお店

2017.12.15福岡グルメ

私のInstagramに度々登場している「旧かつえ」。本当に好きすぎるんです。家族や友人が福岡に来るときに訪問します。お料理が美味しいことはもちろん、サービスもすてきなんです。本当に。そんな旧かつえの魅力を紹介しちゃいます!

「旧かつえ」ってどんなお店?

旧かつえ水炊き / 渡辺通駅薬院駅西鉄平尾駅

夜総合点★★★★★ 5.0

福岡の美味しい飲食店が集まるエリア、渡辺通りにあるお店。予約人数分しかスープをつくらない、こだわりのつまった水炊きがいただけます。

福岡に数多くある水炊き屋さんと違うのは、水炊き「懐石」ってところ。先付け、向付(お造り)、お凌ぎ(ひとくち寿司)など懐石料理をいただいて、最後に水炊き。

そして、「予約人数分しかスープをつくらない」ということもあり、こちら看板がないのも特徴。多分はじめて行くときは迷うと思います(笑)ではでは、次から旧かつえの魅力をお伝えしていきたいと思います!

 

電話対応が美しい

はじめて予約したときの電話だけでも、「好き」ってなる。それくらい気持ちのいい対応だったんです。まず、声がきれい。来店したことはあるかを聞かれ、ないことを伝えると、

・コースのみで料金は7,000円

・お会計は現金のみ

であることを伝えていただきました。福岡は意外とカードが使えないお店が多いんですが、予約時に伝えてくれるところは今までになくて。

そこそこ有名なお店でもカードが使えなかったりしました。断然カード派な私は、急に現金のみって言われるとヒヤッとしちゃうんですよね。なので、はじめに伝えてくださった心遣いに感動しました。

雰囲気のある店構え

先ほども書きましたが、こちらは看板がありません。のれんのみ。この特別感、それだけでおしゃれ。店内はコンクリート打ちっ放しで、ダウンライトがいくつかあり、雰囲気抜群。横に大きな窓からは坪庭も。

テーブルは大きな一枚板。父は一番ここに感動していました(笑)

 

なんと言ってもお料理がどれも美味しい!

先付けからメインの水炊きまで、お料理が全て美味しい。これとこれとこれは美味しいんだけどね、ってことよくありますよね。

でも旧かつえは違う。全部美味しい。素材もいいし、調理の仕方もいい。最初から最後まで、パクパク箸が止まらない。

ちなみにボリュームもかなりあります。絶対空腹の状態で行ってくださいね。じゃないと食べきれない…。食の細い女性は食べきれないかも。

 

顔を覚えてくれるのが早い

お店の方に顔を覚えてもらうのは嬉しいもの。私はこれといって特徴のないタイプ。すぐに覚えてもらうことってほとんどないんです。

旧かつえには、1回目は父と、2回目は母と行ったのですが。2回目に「今日はお父様はお留守番ですか?」と声をかけていただいて。

す、すごいと。3回目は電話予約の時点で「以前もおいでくださいましたよね」と。こういうのってすごく嬉しいですよね。

お料理を説明するタイミング

先日複数人で伺ったとき、お料理が運ばれたときも話が盛り上がっていたんです。いつもは、お料理を運んできたときに、説明をしてくださるんですが、このときはしませんでした。

これなんだろう…と思って、箸をつけようとしたら、「お話中すみません、お料理の説明をさせていただいてもよろしいですか?」と。

えー、待っててくれたの!?

お料理の説明だけじゃなくて、ちょっとしたお声がけはしても、会話に入りすぎたりはしない、のそ距離感であったり、心遣いが本当に好きなんです。

 

一言で言うと…

好き。これにつきます。

ちなみにコース7,000円ですが、お酒はお手頃なので一人10,000円以内におさまることがほとんどかと思います。このサービスと味でこの価格はコスパがよすぎます。