『10万円の研修代をムダにするサラリーマン』の6つの特徴。こんな風には絶対ならない

2017.10.25サラリーマン

2日間のビジネススキル研修を受けてきました。会社がお金を出してくれるものです。同じ会社の方だけでなく、他の会社で他の業界の方も参加するものでした。

すごく楽しくて、勉強になったのですが…

10万自分で払ってないんだろうなー

というのが伝わる伝わる。

講師の方にも聞いちゃいました。「受講者ってみなさん会社の金で来てるんですか?」って。15人中14人は会社のお金で受講していたみたいです。

 

以前自分で10万円払って受けたセミナーがあるんですが、そこの参加者はほとんどの方が自費。その時と受講者のスタンスが全然違った。

せっかくの研修をこんな風に終えてしまうのはすごくもったいないと思ったし、こんな風に『10万円の研修代をムダにするサラリーマン』には絶対なりたくないと思ったので、自戒の念を込めて書きます。

休み時間は仕事をしている

忙しいのは分かる。でも2日間は研修を受けに来ているんだから、仕事は一旦忘れた方がいい。もちろんどうしてもすぐに対応しなきゃいけないこと、今対応した方がいいことはあるけど、それがひっきりなしに来るわけないじゃん?

てか、そんな忙しいなら2日間休むなよ。

 

みずから質問しない

質問しないってことは、興味ないってこと。積極的になれていないってこと。一回聞いてすべて理解できるなんてありえない。

話を聞かせてもらったら、質問をするのが礼儀って習ったけど、できない人がほとんどですよね…。

 

予習をしていない

その分野の本を最低1冊は読んで来るべき。じゃなきゃ理解のスピードが遅くなっちゃう。

これは私自身の反省点。2日間で最大限吸収するために、準備は大事。そこまでできないなら、10万円も、2日間の時間も使うのはもったいないことだと思います。

復習もしない

1日目にテキストを会場に置いたまま帰った人がいて、どんびいた。

え、なにしに来たの?

今日やったことはもうマスターしちゃったのかな?

 

2日目で、1日目の振り返りタイムがあったんですが、明らかに復習してない人多数。

「研修受けてこい」って言われたから来ただけだとそうなっちゃうんでしょうね。こわい。

 

講師に話し掛けに行かない

ほんとになにしに来たの?

自分が得たいスキルがあって、それを教えてくれる人が目の前にいるのに話に行かない。信じられない。めちゃくちゃもったいない。

研修の中では伝えきれないことはたくさんあるんだから。おしゃべりからも気付くことはたくさんある。

その道のプロに聞けるなら、聞かないと。

 

速攻で帰る

講師とも、他の受講生とも話さない。

なにしに来た?

こういう場所で出会える人は、普段の仕事じゃなかなか出会えなかったりする。

そんなに急いでしなきゃいけないことがあったのかな?

 

さいごに

こんなスタンスでいたら本当に、本当にもったいない。

今回の研修を受けて、研修にいくら価値を見出すかは自分次第だって気付かされました。

価値を見出したいから、疑問は全部ぶつけさせてもらったし、フィードバックだってもらいに行った。言われるのを、与えられるのを待ってるだけって、草食にもほどがある。

あとは実践すること、復習をしてスキルの補完をすることが、一番大事ですよね。よーし、がんばろ。ブログに書いちゃったし、やらなかったら恥ずかしすぎるもんね。